スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<普天間移設>米次官補が近く沖縄へ(毎日新聞)

 【ワシントン古本陽荘】米国防総省のモレル報道官は27日の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題に関する意見交換のため、グレグソン次官補(アジア・太平洋担当)が近く沖縄入りすることを明らかにした。日米合意で移設先とされている米軍キャンプ・シュワブを抱える名護市の市長選で移設に反対する稲嶺進氏が当選したことを受け、県内幹部と会談し、県内の雰囲気を探るのが目的とみられる。

 モレル報道官は日米合意案について「沖縄の負担を軽減する最善の計画だ」と米政府方針に変更がないことを強調。一方で、普天間問題が解決しないままでも、日米安保にかかわるさまざまな協議をしていくことは可能との認識を示した。

 グレグソン氏は27日、日本に向け出発。来週前半まで滞在する予定。

【関連ニュース】
参院予算委:鳩山首相、還付金辞退も 贈与税納付で
小沢幹事長:稲嶺新市長と会談、「思い受けとめる」
鳩山首相:普天間移設「5月までに出す」
普天間移設:官房長官「5月末の地元合意にこだわらず」
名護市長選:「斟酌の理由ない」の官房長官発言に地元反発

「基地なくても…」基地問題は経済問題(産経新聞)
小沢氏「金足りてるか」 石川容疑者ら「収支を説明」と供述(産経新聞)
「妻と長男、長女を殺した」と男が出頭(産経新聞)
自民・谷垣総裁が山崎、保岡、片山3氏の公認見送りを正式表明(産経新聞)
政府が「検察リーク」否定の答弁書を閣議決定(産経新聞)
スポンサーサイト

自民、谷垣氏の新ポスター製作 ソフトさ演出も…(産経新聞)

 自民党は22日、谷垣禎一総裁の新しいポスターを発表した。クリーム色の背景で谷垣氏がほほえむソフトなイメージが特徴だ。黒をバックに真剣なまなざしの谷垣氏が大写しされた昨年の作品を一新し、全国の自民党総支部や街頭で順次張り替えていく予定だ。

 新しいポスターは、夏の参院選までに全国1000カ所以上で実施する「ふるさと対話集会」など、党が有権者の声を反映させようと始めた「なまごえ☆プロジェクト」を宣伝するためのもの。谷垣氏がマンガの「吹き出し」をイメージしたプロジェクトのキャラクターを持ち「あなたの生の声を、国会へ」と語りかけている。

 昨年のポスターは「衆院選敗北の余韻(よいん)を引きずるようで暗い」(閣僚経験者)などと不評で、会見した小池百合子広報本部長は「明るいイメージを意識した」と強調した。衆院予算委員会の質疑で「鬼になり切れない」(自民党若手)などと批判を浴びた谷垣氏。今回のソフトなポスターが受けるかは未知数だ。

【関連記事】
谷垣総裁側近の2人が対立 ベテラン議員処遇問題
党首直接対決 重い空気漂う 執拗な谷垣氏 耐え忍ぶ首相
衆院予算委スタート 「政治とカネ」問題で首相陳謝
外国人参政権、谷垣氏も「反対」
“美人すぎる”藤川市議が自民党大会で登壇

新名物「出雲おろち大根」初収穫 魚、肉料理の薬味にぴったり(産経新聞)
<空海>唐から持参の文献「三教不齋論」写本を発見(毎日新聞)
<日赤>英滞在者からの献血、27日から制限緩和(毎日新聞)
外国人参政権問題 官房長官「地方の意見は関係ない」(産経新聞)
<過労死企業公開訴訟>「社会的批判を」原告が陳述(毎日新聞)

小沢氏捜査 千葉法相「「公正公平、適正に行われていると承知」(産経新聞)

 千葉景子法相は22日夕の閣議後会見で、民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件での東京地検特捜部の捜査について「公正公平、適正に行われていると承知している」と述べた。

 鳩山首相が21日に「(石川知裕容疑者が)起訴されないことを望みたい」とした発言には「検察や捜査に特別な介入するお気持ちはないとおっしゃっている。捜査が左右されるとはまったく思っていない」と話した。

 また、23日に行われる小沢幹事長の聴取については「捜査があることは側聞しているが、特段コメントすることは差し控えたい」とした。

【関連記事】
小沢氏政治資金問題 首相「自分に説明責任ない」
首相「起訴ないこと望む」発言を撤回 衆院予算委
小沢氏の形式犯論 虚偽記載は重大な犯罪だ
可視化法案 許されない検察への圧力
また口先指揮権? 鳩山首相「起訴がないこと望む」

生きる 横浜でクラシック演奏 病気の子ら2千人を魅了(毎日新聞)
<衆院予算委>午後に党首対決 谷垣総裁「政治とカネ」追及(毎日新聞)
<映画「アバター」>興行収入歴代1位 全世界1687億円(毎日新聞)
看護師の業務範囲拡大の要件で議論(医療介護CBニュース)
石川遼選手、今年もe-Tax=劇団四季「キャッツ」も模擬体験(時事通信)

<普天間移設>鳩山首相、改めて5月中の決着を強調(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は21日夜、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先の決定期限について「米国との間もすり合わせておかないと意味がない。政府として最終的な考え方を5月末までに作り上げる」と述べ、日米交渉を含めて、5月中の最終決着を目指す考えを改めて示した。首相官邸で記者団に語った。

 普天間移設問題を巡り、政府・与党は昨年末、移設先を検討するため、沖縄基地問題検討委員会を設けた。検討委の委員長を務める平野博文官房長官は21日午前の記者会見で、「検討委の役割としては、(米側との交渉まで)含めてやれる状態にあるとは思っていない」と指摘。最終合意が6月以降となる可能性に言及した。

 あわてた鳩山首相は21日、平野長官に「政府として、最終的な考え方を5月末までに作り上げるという決意で検討委をやってほしい」と指示。同日夜には記者団に対して「米国とすり合わせをしないで、日本政府案が作れるわけがない。当然米国とよくすり合わせをして理解を求める」と、平野長官発言の打ち消しに躍起となった。

 沖縄基地問題検討委は21日、第4回会合を開いたが、各党の委員が移設先案を提出する時期について、当初予定の1月末から延期し2月中旬へと先送りした。社民党が提案予定のグアムについて「視察の後に提案したい」としていることが理由だが、政府が最終結論を出す5月まで時間が限られており、今後の政府・与党内調整にも影響しそうだ。【横田愛、小山由宇】

【関連ニュース】
普天間移設:平野官房長官「5月は政府起案の期限」
衆院代表質問:首相らの疑惑、論戦スタート
安保50年:米軍の抑止力強調 首相談話、普天間に触れず
日米安保:調印50年 首相「普天間が試金石」
普天間:移設先にグアム 社民が正式提案へ

<普天間代替>退路断たれた政府 「5月決着」微妙に(毎日新聞)
<合掌土偶>八戸市が商標登録 「広く使って」 業者の独占防ぐ(毎日新聞)
<自民党>夏の参院選の公認候補7人を発表 青木幹雄氏も(毎日新聞)
19世紀の独製地図にも明記 「竹島は日本領」 独製地図複数現存(産経新聞)
元特捜検事・田中被告の控訴棄却…大阪高裁(読売新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。