スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自民、谷垣氏の新ポスター製作 ソフトさ演出も…(産経新聞)

 自民党は22日、谷垣禎一総裁の新しいポスターを発表した。クリーム色の背景で谷垣氏がほほえむソフトなイメージが特徴だ。黒をバックに真剣なまなざしの谷垣氏が大写しされた昨年の作品を一新し、全国の自民党総支部や街頭で順次張り替えていく予定だ。

 新しいポスターは、夏の参院選までに全国1000カ所以上で実施する「ふるさと対話集会」など、党が有権者の声を反映させようと始めた「なまごえ☆プロジェクト」を宣伝するためのもの。谷垣氏がマンガの「吹き出し」をイメージしたプロジェクトのキャラクターを持ち「あなたの生の声を、国会へ」と語りかけている。

 昨年のポスターは「衆院選敗北の余韻(よいん)を引きずるようで暗い」(閣僚経験者)などと不評で、会見した小池百合子広報本部長は「明るいイメージを意識した」と強調した。衆院予算委員会の質疑で「鬼になり切れない」(自民党若手)などと批判を浴びた谷垣氏。今回のソフトなポスターが受けるかは未知数だ。

【関連記事】
谷垣総裁側近の2人が対立 ベテラン議員処遇問題
党首直接対決 重い空気漂う 執拗な谷垣氏 耐え忍ぶ首相
衆院予算委スタート 「政治とカネ」問題で首相陳謝
外国人参政権、谷垣氏も「反対」
“美人すぎる”藤川市議が自民党大会で登壇

新名物「出雲おろち大根」初収穫 魚、肉料理の薬味にぴったり(産経新聞)
<空海>唐から持参の文献「三教不齋論」写本を発見(毎日新聞)
<日赤>英滞在者からの献血、27日から制限緩和(毎日新聞)
外国人参政権問題 官房長官「地方の意見は関係ない」(産経新聞)
<過労死企業公開訴訟>「社会的批判を」原告が陳述(毎日新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。